太陽光自家発電のススメ > 蓄電式太陽光発電 > 蓄電式太陽光発電のメリット・デメリット

蓄電式太陽光発電のメリット・デメリット

蓄電式太陽光発電は、夜間も使用出来るという普通の太陽光発電にはない最大のメリットが存在しますが、普段使いには適さないといったデメリットも存在します。使用目的によってメリット・デメリットが大きく変わってきますので、導入前に自分の使用目的をしっかり把握するようにしましょう。

蓄電式太陽光発電のメリット

  • 発電した電気を蓄電出来るので夜間問わずいつでも使用出来る
  • 太陽光発電と同じく二酸化炭素などの温室効果ガスを出さないので環境に優しい
  • 簡易タイプが多く、一般的な太陽光発電システムに比べ低価格
  • 設置するのに工事不要な場合が多く簡単
  • 設置場所を選ばないのでマンションやアパートでも設置可能
  • 蓄電バッテリー使用タイプは持ち運び自由

蓄電式太陽光発電のデメリット

  • 簡易タイプのものが多く、消費電力の大きい家電の使用が難しい
  • 高出力タイプはかなり高額
  • 天候に左右される

蓄電式太陽光発電は非常用電源としての活用が有効

一般的な太陽光発電との大きな違いは、

発電した電気を蓄電出来るから、夜間も使用出来るという事!

一般的な太陽光発電は夜間使用が出来ないということで非常用としては少し不安ですが、蓄電式太陽光発電なら電気を蓄電しておけるので非常時に使用出来安心です。

ただし、蓄電式太陽光発電はアパートやマンションのベランダに設置出来るような簡易タイプのものがほとんどなので設置場所を選びませんが、その分最大出力数小さく、エアコンなどの出力数が大きい家電には使えません

出力が大きいタイプも徐々に発売されていますが、かなり高額。売電システムや補助金制度も整っていないので、そう簡単に導入できる金額ではありません。

現在発売されている簡易タイプの蓄電式太陽光発電システムでも、緊急時に稼動させたいと言われている主な家電製品、パソコン、テレビやラジオ、在宅医療機器などは十分に稼動させることが出来るので、緊急時の電源として十分に効果を発揮するでしょう。

>>蓄電式太陽光発電の設置方法<<

  • HOME
  • 自家発電とは
  • 自家発電の種類
  • 停電時、夜の自家発電
  • 太陽光発電
  • 蓄電式太陽光発電
このページの先頭へ