太陽光自家発電のススメ > 蓄電式太陽光発電を比較 > ソーラー予備電くん

格安!蓄電式太陽光発電システム「ソーラー予備電くん」

ソーラー予備電くん

ソーラー予備電くん

非常用電源として人気の「予備電くんシリーズ」にソーラーパネルを組み合わせたのが「ソーラー予備電くん」。

「予備電くん」は充電器を使う以外に充電方法はありませんが、「ソーラー予備電くん」は充電器を使う方法以外にソーラーパネルによる太陽光発電によって充電することが出来ます

万が一、長期停電などで家庭用電源からの充電が出来なくなった場合でも充電することが出来るので心強いです。

>>ソーラー予備電くんの詳細はこちら<<

ソーラー予備電くんの特徴

夜間、夜間停電時も使用可能

一般的な太陽光発電は太陽が出ている時しか使用出来ませんが、ソーラー予備電くんは非常用のポータブル電源なので、充電しておけば昼夜問わず必要な時に電源として使用出来ます。

ただし、一般的な太陽光発電システム同様、夜間のソーラーパネルでの充電は不可能です。

賃貸でも設置可能

非常に小型で工事不要なので、マンションのベランダ等にも設置可能ですが、ソーラーパネルなどを設置する台等は付属しておりません。

49,800円と低価格

5万円以下という低価格。

太陽光発電機能付きの非常用電源としては最安です。

電源部の持ち運びが出来使いやすい

蓄電したバッテリー部分を取り外すことが出来るので使いたい場所に移動させて使うことが出来ます。ちなみにフル充電でノートPC(40W)が10〜15時間使用出来るので緊急時には十分です。

矩形波タイプのインバーターなので医療機器使用不可

医療機器などの精密機械を使用するには正弦波タイプのインバーターが必要です。
医療機器などを使用する場合にはインバーターを変更して下さい。

ソーラー発電はあくまで予備

ソーラー発電はあくまでバッテリーの自然放電を補う程度のものなので、基本的には他のポータブル電源同様充電器を使用し家庭用電源から充電します

停電期間が長くなり、非常用電源を使いきってしまった際など、ソーラー発電での充電も可能なのでいざという時安心です。

ちなみにフル充電にかかる時間は、家庭用電源から充電器を使って充電した場合は1〜2日
ソーラー発電のみで充電した場合は3〜4週間かかります。

フル充電まで約1ヶ月近くもかかるので、ソーラー発電はあくまで予備として考えた方がいいですね。

バッテリーやインバーターの組み合わせを変更する事が出来る

バッテリーを大容量の160Ahタイプに変更したり、インバーターを精密機械が使用出来る正弦波タイプに変更することが出来ます。

変更に合わせ価格は変わりますが、自分の使用用途に合わせて組み合わせ自由です。

連続使用可能時間の目安

蓄電容量80Ah、最大出力が350Wが基本セットなので、緊急時に必要なラジオやライト、ノートパソコンなども問題なく使用可能です。

下記表は、満充電時の連続使用可能時間ですが、使用状況やご使用の家電や使用状況によって変化があるのであくまで目安としてお考え下さい。

消費電力(目安)連続使用可能時間
ノートパソコン 50W
100W
約12時間
約6時間
LED電球
(白熱電球60W相当)
10W 約60時間
通常電球 30W
100W
約20時間
約6時間
蛍光灯 30W
50W
約20時間
約12時間
ラジカセ(ラジオ) 10W
50W
約60時間
約12時間
液晶テレビ 100W
200W
約6時間
約3時間
携帯電話(充電器) 10W
30W
約60時間
約20時間

>>ソーラー予備電くんの詳細はこちら<<

  • HOME
  • 自家発電とは
  • 自家発電の種類
  • 停電時、夜の自家発電
  • 太陽光発電
  • 蓄電式太陽光発電
このページの先頭へ