太陽光自家発電のススメ > 蓄電式太陽光発電

蓄電式太陽光発電で夜間でも安心

蓄電式太陽光発電とは、太陽光発電で発電した電力をバッテリーに蓄電しておくことが出来るタイプの太陽光発電です。

蓄電しておいた電力は昼夜問わず必要時に使用出来るので、太陽光発電のデメリットとされていた夜間時の使用も可能になるという事で人気を集めています。

蓄電式太陽光発電は、屋根の上に設置するような大がかりなタイプよりも、ベランダなど場所を選ばず設置出来る簡易タイプのものが数多く発売されていますが、計画停電の影響で蓄電式太陽光発電の需要が高まり、蓄電システムを備えた大がかりな太陽光発電システムも徐々に登場しています。

ベランダにも設置可能なファクトの蓄電式太陽光発電

ファクトの蓄電式太陽光発電機

賃貸でも設置可能な蓄電式太陽光発電機

マンションのベランダにも設置出来る簡易タイプの蓄電式太陽光発電が人気を集めています。

太陽が出ている時に発電し電気を貯め、必要な時に使用出来ます。売電は出来ませんが、付随工事なしの簡単設置で費用も20〜30万円程度とお手頃なので、非常時用に設置する人が増えています。

蓄電量や電化製品の継続使用時間などは各製品によって異なるので自分の使いたい物に合わせて選ぶ事が重要です。

>>ベランダにも設置可能なファクトの蓄電式太陽光発電

大和ハウス工業の「SOLAR STORAGE」(ソーラーストレージ)

SOLAR STORAGE

大和ハウスのソーラーストレージ

大和ハウス工業は可搬式リチウムイオン蓄電システム「パワーイレ」と太陽光発電パネル(520W)(可搬式もしくは固定式)を組み合わせた電源装置「SOLAR STORAGE」(ソーラーストレージ)の販売を、2011 年の4月1日より開始しました。

太陽光発電システムはシャープ製の産業用太陽光発電システムを架台に載せて移動できる可搬式タイプと、屋外に常設する固定式タイプがあります。

ついに大型タイプの太陽光発電システムで発電した電気を貯めることが出来る蓄電式太陽光発電が出てきました!

とまあ、ここまでは嬉しい限りなのですが…問題はお値段。

販売価格は252万円(税込み)。

じゃあ非常時用に、と庶民が簡単に手を出せるお値段じゃありませんね。個人病院とか中小規模の工場などにいいかもしれませんが、一般に普及するのはもっと価格が下がってからになりそうです。

ちなみに、充電時間は約5〜6時間が目安で、自立運転での稼動時間は照明(45W)3灯、携帯電話の充電10台分、ノートPC3台を同時に約3時間利用出来るとの事。

また、太陽光発電を利用せず、リチウムイオン蓄電システム「パワーイレ」を単品で利用することも出来る。その場合は外部電力を充電して利用するのですが、照明(45W)3灯、携帯電話の充電10台分、ノートPC3台を同時に約5時間利用出来るようです。

>>様々な蓄電式太陽光発電機を比較しよう<<

  • HOME
  • 自家発電とは
  • 自家発電の種類
  • 停電時、夜の自家発電
  • 太陽光発電
  • 蓄電式太陽光発電
このページの先頭へ