太陽光自家発電のススメ > 太陽光発電 > 太陽光発電の価格

太陽光発電の価格は「KW(キロワット)単価」で見る

太陽光発電は完全オーダーメイドなので、設置費用は自宅の屋根の向きや面積、材質などによって変わってきます。検討時に専門家にシミュレーションしてもらう事が大事ですが、最低限の価格や目安などは抑えておきましょう。

KW(キロワット)単価」で比較しましょう

太陽光発電の価格を比較する際は、太陽光発電システム合計の価格ではなく、「KW(キロワット)単価」で比較するようにしましょう。

KW単価計算方法

上記図のように「KW(キロワット)単価」は太陽光発電システム全てを含めた価格を、発電量(KW数)で割って算出します。

上記の例の場合、合計価格で見ると(A)の方が高額で(B)の方が安く見えますが、「KW(キロワット)単価」だと実は(A)の方が割安である事がわかります。

このように太陽光発電システムの価格を見る時は「KW(キロワット)単価」を使う事によって価格の比較がよりしやすくなります。

「KW単価60万円」という基準

太陽光発電システムの価格では、「KW単価60万円」が1つの基準となっています。これは、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)が交付する補助金の対象が税別価格で「KW単価60万円以下」という基準がある為です。

悪質な訪問販売会社が不当な高額で太陽光発電システムを販売する事が横行していた為、そのような悪質な訪問販売会社を排除する為に価格制限が設けられました。現在では、特殊工事などがない限り、税別価格でKW単価60万円以下で購入できることが一般的となっています。

業者から見積りを取る際には、1KWあたりの工事費込みで60万円以下になっているかを計算し検討するようにしましょう

太陽光発電の価格はバランスで考える

太陽光発電はトータル価格150〜300万円と高価なシステムですが、電気を生産する事が出来るので、初期費用だけを考えるのではなく、月々の電気代、売電収入等を踏まえ、バランスをしっかり考えることが大事です。

  • どの位発電できるか?
  • 毎月の電気代と売電収入はどのくらいか?
  • ローンとのバランスは?投資回収期間はどのくらいになるか?

以上の3点が、太陽光発電の価格を考える上で最も大事な点となります。

ライフスタイルによっても変わってきます。
共働きで日中ほとんど家にいない夫婦の場合は売電で経済効果を得ることが出来ますし、子育てや専業主婦で昼間にたくさん電気を使う家庭は、発電によって電気代を削減することが出来るのです。

初期費用が安いからよいというわけではないので、自宅の屋根の形状、ライフスタイル、それらのバランスを考えた上で価格を考えるようにしましょう。

>>太陽光発電の売電について<<

  • HOME
  • 自家発電とは
  • 自家発電の種類
  • 停電時、夜の自家発電
  • 太陽光発電
  • 蓄電式太陽光発電
このページの先頭へ