太陽光自家発電のススメ > 太陽光発電 > 太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電にはメリットデメリットが存在します。
生活環境によってはメリットよりもデメリットの方が多くなる場合があるので、自宅の環境を踏まえた上で事前に把握するようにしましょう。

太陽光発電のメリット

  • 二酸化炭素などの温室効果ガスを出さないので環境に優しい
  • 発電して余った電気は売電可能
  • 日中であれば、停電時も専用コンセントを使用して発電分の電気を使用することが出来る
  • 屋根のソーラーパネルを設置する事で屋根裏温度を快適に保つ効果がある
  • 光熱費を大幅に削減出来る
  • オール電化を組み合わせると更に大幅に光熱費を削減できる
  • 一度設置してしまえばほぼメンテナンスはいらない

太陽光発電のデメリット

  • 導入コストが高い
  • 立地条件により発電量に差が出る
  • 天候に左右される
  • 夜間発電出来ず、蓄電能力もないので夜間停電時には役に立たない
  • ほとんどの場合屋根に設置するので外観に影響する
  • 屋根など、ある程度広い設置スペースが必要なので、賃貸で設置する事は難しい

前もって設置環境での発電量を把握しましょう

太陽光発電最大のメリットは、発電量、電気消費量、売電収入のバランスがよければ、電気代をかなり節約できるという点でしょう。

しかし、設置環境によって発電量が少ないと、売電収入が得られず、導入費用の回収期間が長くなり、結果として電気代節約効果が薄れます。

導入の際は初期費用だけを考えるのではなく、月々の電気代、売電収入等のバランスを考えるようにしましょう。

>>太陽光発電の設置方法<<

  • HOME
  • 自家発電とは
  • 自家発電の種類
  • 停電時、夜の自家発電
  • 太陽光発電
  • 蓄電式太陽光発電
このページの先頭へ