太陽光自家発電のススメ > 太陽光発電

太陽光発電とは?

太陽光発電

屋根の上にソーラーパネルを設置

太陽光発電とは、ソーラーシステムを設置して太陽の光で電気を作ることです。

地球温暖化が深刻な社会問題になっており、温暖化の原因である二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスを削減するという目標が国で定められています。

発電時に二酸化炭素を出さず、騒音もなく、排気ガスも排出しない太陽光発電はとても環境に優しいクリーンなエネルギーということで温暖化防止の対策としても注目を浴びています。

国や自治体も一般家庭での太陽光発電設置を推奨しており、余剰電力新買取制度や設置の際の補助金制度など、太陽光発電設置を後押しする制度も充実しています。

また、災害時の停電の際に使用する電力としても注目を集めています。

太陽光発電の基本的な仕組み

ソーラーパネル(太陽電池)で太陽の光を吸収し電気を作り、家庭で使用できる電力に変換し分電盤を通して家の中へ送ります。

発電量は太陽光の有無で左右され、曇りの日よりも晴れの日の方が発電量は増えます。発電量が少ないときは電力会社より電力を購入し、発電量が使用量よりも多いときは発電した電力を電力会社へ売ることが出来ます。買売メーターと売電メーターの2つのメーターで自動的にその区別を行います。

基本的には発電した電気を蓄電することが出来ないので夜間停電時は使用出来ませんが、災害時や計画停電時の使用を考慮し、少しずつ蓄電タイプの太陽光発電も出てきました。

>>太陽光発電のメリットとデメリット<<

  • HOME
  • 自家発電とは
  • 自家発電の種類
  • 停電時、夜の自家発電
  • 太陽光発電
  • 蓄電式太陽光発電
このページの先頭へ