太陽光自家発電のススメ > 自家発電とは

緊急時の備えはもちろん省エネにも役立つ自家発電


 

自家発電じかはつでん)とは、電力会社からの供給に頼らず、自らが発電装置を備えて発電することで、外部へ電力を販売するのが目的ではなく自らの消費を主目的としたものです。

基本的に工場などの大口消費者や病院、放送局などが、外部からの電源供給ができなくなったときに備えて蓄電池とともに自家発電を採用しています。

近年は太陽光発電燃料電池などのコジェネレーション発電を家庭内で備えて、余剰電力を売電する一般家庭での極めて小口の自家発電も盛んになってきました。

また、2011年の福島第一原子力発電所の事故による関東地方の電力供給不足に伴う計画停電の実施により、計画停電時の電力使用を目的とした自家発電を導入する企業や家庭が増えています。

自家発電のメリット

自家発電の一番のメリットは

災害時や緊急時、外部からの電力供給がストップした際に発電し電気を使用することができる

ということでしょう。

また、太陽光や風力を利用した自家発電であれば、地球環境にも優しい上に電気代や燃料費の節約にもなり、家計にも地球にも大変大きなメリットをもたらします。

自分に合った自家発電を選ぶことが大事

自家発電は、大きく分けて4つの方法があります。

それぞれ設置方法や条件、費用、発電量、発電時間等が異なるので、自分の使用内容に合った自家発電方法を選ぶことが重要です。

>>自家発電の種類<<

  • HOME
  • 自家発電とは
  • 自家発電の種類
  • 停電時、夜の自家発電
  • 太陽光発電
  • 蓄電式太陽光発電
このページの先頭へ