太陽光自家発電のススメ > 燃料電池

燃料電池は水素と酸素を利用した発電システム

燃料電池とは、水素と酸素を利用した次世代の発電システムで、略して「ねんでん」と呼ばれており、以下のような特徴があります。

  • 排熱を利用した総合発電エネルギー効率は既存の発電システムに比べてはるかに高い
  • 他の発電装置と比べると低騒音・低振動
  • 環境汚染物質をほとんど出さない地球環境に配慮した新しい発電システム

家庭用燃料電池

エネファーム

東京ガスのエネファーム

家庭用燃料電池は、LPGガス、石油、都市ガス等の燃料から「水素ガス」を作り、空気中の酸素と化学反応させて発電します。

発電した電気は小容量である為、不足分は系統連携した電力会社の電気を利用します。

発電時に発生する熱を利用して温水を取り出し、お風呂や給湯に利用することが出来る熱電供給システム「燃料電池コージェネレーションシステム」は、エネルギー全体の総合効率が格段に優れていると評判です。

東京ガスの燃料電池「エネファーム」などが有名で、価格は工事費用別で大体200万円ほどです。

燃料電池のメリット

エネルギー効率が高い

水素と酸素で発電する燃料電池の発電効率はそれほど高くないですが、排熱を給湯や暖房などに利用(コージェネレーションシステム)する事で発電効率と排熱利用効率を合わせ、エネルギー全体の総合効率が高くなります。

地球環境に優しい

水素と酸素の化学反応によって電気を作るので、化石燃料は使わない地球に優しいクリーンエネルギーです。水素を発生させる為にガスを利用しますが、普通にガスを使うよりもエネルギー効率が良いと言われています。

また、生ゴミを発酵させたり、下水処理時に出る「消化ガス」と呼ばれるバイオガスを利用して、そのメタンから水素を取り出す研究なども進んでいます。

燃料電池のデメリット

停電時に使用出来ない

水素や酸素の取り込みに一般電源で駆動するモーターを使用しているので、停電時は使用出来ません。

燃料電池の運転中に停電すると機器が故障する可能性もあると言われています。

屋外に設置するスペースが必要

屋外に設置する為のスペースが必要なので、賃貸での設置は不可能です

また、設置の際に工事も必要です。

緊急時には役に立たない燃料電池

エネルギー効率がよく環境にも優しい燃料電池は、長期的に日常的な利用を考えた自家発電システムには非常に適しています。

しかしながら、停電時に使用出来ないといったデメリットがあり、緊急時用の自家発電装置としては不向きです。また、大規模工事や屋外設置スペースが必要なので、賃貸暮らしでの利用も不可能です。

一軒家の人で燃料電池の利用を考えている人は、緊急時用に蓄電式太陽光発電システム等を用意し、普段使いの自家発電システムとして燃料電池を使用するのがオススメです。

  • HOME
  • 自家発電とは
  • 自家発電の種類
  • 停電時、夜の自家発電
  • 太陽光発電
  • 蓄電式太陽光発電
このページの先頭へ